天頂-TEPPEN- オンラインゲーム
LINEで送る
Pocket

3N6A1593

写真右・Hitomi、左沖田杏梨

 

6月1日発売のムーディーズ最新作『JとL超乳W真性中出し
念願の共演を果たしたHitomi&沖田杏梨の爆乳コンビに
作品の見どころをたっぷり聞いた夢の超乳対談!

念願が叶って仲良し二人の共演が実現。Hitomi「もう絶対の自信作です!」

——今回の作品はお二人が熱望しての共演とお聞きしたのですが?

沖田杏梨(以下:沖)「そうなんです。前々からHitomiちゃんとの共演をメーカーさんに懇願してて…」

Hitomi(以下:H)「そうそう」


「今回ようやく実現したっていう」

「決まった時は、絶対最高の作品にしたいねって、撮影前に二人でめっちゃ長い話し合いしたよね(笑)」

「アハハ! したした! 一緒にご飯食べながら、どう撮ったらエロくなるかとか、こう見せたらすごいとか」

「まるで監督になった気分で、ひたすら撮影の打ち合わせ(笑)」

「女二人集まってるのに、恋愛トーク一切なしでカラミの打ち合わせしてるってヤバいよね?」

「せっかく叶った共演作だからこれまでにないAVにしたくて、海外のポルノ観まくって研究したり」

「そうそう! でもその甲斐あって、自分で言うのもなんだけど、スッゴイ作品になってるよね!」

「うん、絶対の自信作!」

お互いの第一印象は「やっぱ、乳でけぇ!」「キレイなオッパイしてんな♪」

——そもそも、なんでそんなに熱く共演を望んでいたんですか?

「めちゃくちゃ仲良しなんですよ。あれ何年前からだっけ?」

「確か3年ぐらい前。今回の作品と同じムーディーズで4人共演(※Iカップ以上限定!!超乳ボディV・I・PハーレムSPECIAL』)したときが初めての出会い」

「そうそう! 私じつはその前からHitomiちゃんの大ファンで、現場で会ったら絶対このオッパイ触りたいって思って話しかけたんだよね」

「私かなりの人見知りなんだけど、杏梨とはすぐ意気投合したんだよね」

——お互いの第一印象はどうだったんですか?

「すごいだろうなとは想像はしてたんですけど、実際に会ってみたら…やっぱ、乳でけぇ! って(二人爆笑)。あぁ、いるんだ日本人でもこんな爆乳って思いました」

「私は…わぁいいなこんなキレイな形のオッパイ♪ っていう妬みしかなかったよ、ワハハハ!(豪快に爆笑)」

「お互い似てるのかもね。なんていうのかな、オンナ独特のネチネチしたところがないっていうか」

「お互いサクッとしてるもんね。これやだあれやだって、ズバズバ言い合える」

「今年1月の海外イベント(※AVN AWARDS SHOW )で一緒の時間を過ごせたのも大きかったよね」

「うん。でも正直あんときは大変だったぁ!」

「顔が緑色になってたもんね(笑)」「緑色になって土色になって、最後には白目剥いて倒れたっていう(笑)」

——現地で何かあったんですか?

「私、杏梨と違って英語も片言だし、スケジュールがタイトな中、緊張とちゃんとやらなきゃっていうプレッシャーでああなっちゃったんです」

「でも、今じゃ向こうの雑誌で表紙を飾るほどの国際的ポルノスターじゃん。みんなに声かけられてたよね、Hi、Hitomi! って」

「うん、大好きな海外ポルノスターのAsa Akiraさんまで私のこと知ってて、向こうから挨拶してくれたときは光栄すぎて倒れそうだっ(笑)」

LINEで送る
Pocket

http://i2.wp.com/derabeppin.com/wp-content/uploads/2015/07/3N6A1593.jpg?fit=1024%2C1024http://i2.wp.com/derabeppin.com/wp-content/uploads/2015/07/3N6A1593.jpg?resize=150%2C150デラべっぴん編集部インタビュー全記事Hitomi,インタビュー,沖田杏梨,爆乳
 6月1日発売のムーディーズ最新作『JとL超乳W真性中出し』で念願の共演を果たしたHitomi&沖田杏梨の爆乳コンビに作品の見どころをたっぷり聞いた夢の超乳対談!念願が叶って仲良し二人の共演が実現。Hitomi「もう絶対の自信作です!」——今回の作品はお二人が熱望しての共演とお聞きしたのですが?沖田杏梨(以下:沖)「そうなんです。前々からHitomiちゃんとの共演をメーカーさんに懇願してて…」Hitomi(以下:H)「そうそう」沖「今回ようやく実現したっていう」H「決まった時は、絶対最高の作品にしたいねって、撮影前に二人でめっちゃ長い話し合いしたよね(笑)」沖「アハハ! したした! 一緒にご飯食べながら、どう撮ったらエロくなるかとか、こう見せたらすごいとか」H「まるで監督になった気分で、ひたすら撮影の打ち合わせ(笑)」沖「女二人集まってるのに、恋愛トーク一切なしでカラミの打ち合わせしてるってヤバいよね?」H「せっかく叶った共演作だからこれまでにないAVにしたくて、海外のポルノ観まくって研究したり」沖「そうそう! でもその甲斐あって、自分で言うのもなんだけど、スッゴイ作品になってるよね!」H「うん、絶対の自信作!」お互いの第一印象は「やっぱ、乳でけぇ!」「キレイなオッパイしてんな♪」——そもそも、なんでそんなに熱く共演を望んでいたんですか?沖「めちゃくちゃ仲良しなんですよ。あれ何年前からだっけ?」H「確か3年ぐらい前。今回の作品と同じムーディーズで4人共演(※Iカップ以上限定!!超乳ボディV・I・PハーレムSPECIAL』)したときが初めての出会い」沖「そうそう! 私じつはその前からHitomiちゃんの大ファンで、現場で会ったら絶対このオッパイ触りたいって思って話しかけたんだよね」H「私かなりの人見知りなんだけど、杏梨とはすぐ意気投合したんだよね」——お互いの第一印象はどうだったんですか?沖「すごいだろうなとは想像はしてたんですけど、実際に会ってみたら…やっぱ、乳でけぇ! って(二人爆笑)。あぁ、いるんだ日本人でもこんな爆乳って思いました」H「私は…わぁいいなこんなキレイな形のオッパイ♪ っていう妬みしかなかったよ、ワハハハ!(豪快に爆笑)」沖「お互い似てるのかもね。なんていうのかな、オンナ独特のネチネチしたところがないっていうか」H「お互いサクッとしてるもんね。これやだあれやだって、ズバズバ言い合える」沖「今年1月の海外イベント(※AVN AWARDS SHOW )で一緒の時間を過ごせたのも大きかったよね」H「うん。でも正直あんときは大変だったぁ!」沖「顔が緑色になってたもんね(笑)」H「緑色になって土色になって、最後には白目剥いて倒れたっていう(笑)」——現地で何かあったんですか?H「私、杏梨と違って英語も片言だし、スケジュールがタイトな中、緊張とちゃんとやらなきゃっていうプレッシャーでああなっちゃったんです」沖「でも、今じゃ向こうの雑誌で表紙を飾るほどの国際的ポルノスターじゃん。みんなに声かけられてたよね、Hi、Hitomi! って」H「うん、大好きな海外ポルノスターのAsa Akiraさんまで私のこと知ってて、向こうから挨拶してくれたときは光栄すぎて倒れそうだった(笑)」

ページ: 1 2 3

エンジェリックサーガ オンラインゲーム